2006年08月15日

プロフィール文書に関する愛憎劇 (2)

プロフィール文書に関する愛憎劇 (1) のようにプロフィール文書の扱いに悩んでいたのは、実は過去のこと。 最近の僕は 「通常の文書とプロフィール文書のハイブリッド」 な設計にしています。

仕組みは簡単で、管理ビューを1つ作成し、設定情報を通常の文書として管理するようにします。 で、その文書の更新の際に、Postsave で変更をプロフィール文書に反映させます。 例えば以下のような感じで。
続きを読む
posted by yamachan at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | my設計パターン

2006年08月14日

プロフィール文書に関する愛憎劇 (1)

僕がとっても愛用し、かつ常に悩まされている仕組みに プロフィール文書 があります。

例えば僕の管理している Web システムは三桁近い数の Web サイトがあって、それぞれが独立した Notes DB です。 見た目はいろいろバラエティ豊かですが、設計は統一されています。 細かいところまで全部、プロフィール文書で設定できるようにしてみました。

プロフィール文書は手軽に使用できますし、システムにキャッシュされるだけあってパフォーマンスも良さげなんですが、、、トラブル発生時に問題解決に手間取ることも多いです。 普通の文書と違って、簡単にはアクセスできないのが困りものです。
 続きを読む
posted by yamachan at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | my設計パターン

2006年08月13日

DBアイコンに漢字を?

僕は絵心が皆無なので、DBアイコンの作成にはいつも苦労します。 ふと思いついて 漢字 をアイコンにしてみました。 とりあえず、単純に処理(二値化)してみた結果がこちら。

夢を忘れちゃいけないよぉ

32x32 って漢字にもちょうど良さげではないでしょうか。 慣れがあるのか、目的のDB を探すのが早くなった気がします。 タブに表示されるアイコンも識別しやすく、よい感じです。

でも、安易に見えるのか (いや、安易ですけど)、僕のまわりではあまり評判は良くないです...。
posted by yamachan at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談

2006年08月12日

Querysave 依存症からの脱却?

他人の開発した Notes DB の修正を依頼されることがあります。 その場合にまず確認するのは、主に使用されているフォームの Querysave ルーチンですね。Querysave 部分が非常に長い場合、可能ならばその依頼を断ることにしています。

元の設計者にまったく罪は無くて、単に僕の趣味にあわないコードなだけなんですが、それはきっと僕にとって、あまり楽しくない仕事になるだろうから...。

常に必須なフィールドのチェックが無ければ、僕の Querysave はたいてい、以下のようにシンプルなものです。
Sub Querysave(Source As Notesuidocument, Continue As Variant)
If Source.FieldGetText("SaveControl") = "on" Then
Msgbox "アクションボタンを押して処理してください (破棄する
場合は保存の問い合わせで「いいえ」を選択)"
Continue = False
End If
End Sub
続きを読む
posted by yamachan at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | my設計パターン

2006年08月11日

はじめまして yamachan です

もともとは C/Java あたりをやってたハズなんですが、職場に Notes が導入されてからは趣味でいろいろ作って遊んでいました。 なにせお手軽ですし。

気がつくといつのまにか、Notes/Domino 関連の仕事がメインになっていたりします。 でも ほぼ独学 ということもあり、自作のアプリを見せると、他の Notes 開発者の方に絶句されたりしますが...。

来年には Hannover が来て、RCP(Javaの開発環境Eclipseのコアが汎用化したもの) ベースの世界がうまく実現されれば、もっと面白いことができるかも、とちょっと期待してます。

さくらインターネット利用中だと さくらブログ が無料で使えるってんで、とりあえず Blog を開設してみました。 たまに妙な解説っぽいのを掲載してみようかと考えています...。
続きを読む
posted by yamachan at 00:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記