2006年11月08日

DocumentDiffer クラス (6)

これまでご紹介した DocumentDifferクラス20061108_DocumentDiffer_v100.txt にまとめました。

おまけとして toStringWithLabel()関数 を追加しています。 toString()関数 ではフィールド名(アイテム名)をそのまま使うため、出力結果は開発者にしかわからないものでした。 こちらはフィールド名に対応した表示名を指定するラベルを渡すことにより、よりわかりやすい出力になっています。

更新ログをユーザーも参照することがある場合、こちらの使用をお勧めします。 またこちらは、ラベル登録したもの以外は出力しない仕様になっていますので、いちいち removeItem() しなくてすむので、その意味でも使いやすいです。

使い方の例はこちら。
Sub Postsave(Source As Notesuidocument)
Call aDocumentDiffer.process(Source.Document)

Dim targetList$ List
targetList$("Title") = "タイトル"
targetList$("Description") = "概要"

Msgbox aDocumentDiffer.toStringWithLabel(targetList$)
End Sub

続きを読む
posted by yamachan at 23:00| Comment(7) | TrackBack(0) | my設計パターン