2006年09月26日

DocumentDiffer クラス (4)

DocumentDiffer クラス (3) に引き続き、コードをご紹介します。

まずはベタですが、チェック対象のフィールドを追加したり外したりする add/removeItem() 関数。 例えば更新履歴のフィールドなど、removeItem("updateHistory") などと外しておくのがお勧めデス。
Sub addItem(doc As NotesDocument, itemName$)
Dim tmpItem As NotesItem

Set tmpItem = doc.getFirstItem(itemName$)
If Not(tmpItem Is Nothing) Then
Call tmpItem.CopyItemToDocument(Me.oldDoc, itemName$)
End If
End Sub

Sub removeItem(itemName$)
Call Me.oldDoc.removeItem(itemName$)
End Sub

続きましては、更新されたフィールドの以前の値を得るための getOldValue() 関数です。 あると意外と便利なのと、内部の仕組みをあるていど隠蔽するために実装してみたり。
続きを読む
posted by yamachan at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | my設計パターン