2006年09月08日

LotusScript に対する不満?(2) Variant

さて Variant型 に関する不満(?)です。 いや嫌いじゃないんですけどね。

使うたびに頭の中で 三石琴乃さん (マリュー・ラミアス大尉)の、「ヴァリアント、てー!」という声が響くんですよね〜 というのは嘘で。

どうも馴染めないのは、あまりに柔軟すぎるから、だとおもいます。 Variant を利用すると途端に、静的な事前チェックがほとんどできなくなる気がします。

Variant 型にもクラスのインスタンスを代入できます。 代入されたのがどのクラスかは IsA 演算子 で確認できますが、なんと! クラスそのものではなく、クラス名(文字列)と比較しているような気が。 あらビックリ。
続きを読む
posted by yamachan at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談