2006年08月18日

ログ生成用クラス (2)

ログ生成用クラス (1) に引き続き、ログ生成用クラスの使い方をご紹介します。

ログ機能は常に出力されるものですが、トレース情報 はレベル付けされた出力になります。 以下の単純な例を見てみてください。
  Dim aCoreLog As New CoreLog(Nothing, 2, "Sample")

Call aCoreLog.traceText(|レベル0|, 0)
Call aCoreLog.traceText(|レベル1|, 1)
Call aCoreLog.traceText(|レベル2|, 2)
Call aCoreLog.traceText(|レベル3|, 3)
Call aCoreLog.traceText(|レベル4|, 4)

Call aCoreLog.closeLog()
CoreLog クラスを生成する時の、第二引数が最大のトレースレベルの指定になります。 そして traceText() メソッドの第二引数が、出力する情報のレベル値を指定しています。

最大トレースレベル以下のレベル値が指定された場合のみ、メッセージがトレース欄に追記されます。 上記の例では最大トレースレベルとして 2 が指定されていますから、レベル0〜レベル2 の行だけが実際のログ文書に保存される仕組みになっています。
続きを読む
posted by yamachan at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | my設計パターン