2006年08月12日

Querysave 依存症からの脱却?

他人の開発した Notes DB の修正を依頼されることがあります。 その場合にまず確認するのは、主に使用されているフォームの Querysave ルーチンですね。Querysave 部分が非常に長い場合、可能ならばその依頼を断ることにしています。

元の設計者にまったく罪は無くて、単に僕の趣味にあわないコードなだけなんですが、それはきっと僕にとって、あまり楽しくない仕事になるだろうから...。

常に必須なフィールドのチェックが無ければ、僕の Querysave はたいてい、以下のようにシンプルなものです。
Sub Querysave(Source As Notesuidocument, Continue As Variant)
If Source.FieldGetText("SaveControl") = "on" Then
Msgbox "アクションボタンを押して処理してください (破棄する
場合は保存の問い合わせで「いいえ」を選択)"
Continue = False
End If
End Sub
続きを読む
posted by yamachan at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | my設計パターン